Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Selected Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

『tetra』 STAFF DIARY

滋賀県長浜市にある古着屋『tetra』です。
エコでエシカルを目指す暮らし 璽璽蹇ΕΕДぅ好

今回は古着のことでなく、店主が気になる暮らしのこと。

興味無いわーって方はすっ飛ばしてください。笑

以前より興味のあることといえば、エコなこと。偽善者ぶるつもりでもなんでもなく、単純にエコに興味があるのです。

 

ゴミの日に出すゴミ、可燃ごみ、プラ、不燃、粗大、いろいろあるけど、壊れてしまったものや使えなくなってしまったものがゴミになるのは仕方がないとして、気になるのは日常的に出るゴミ。殆どがパッケージによるものなんじゃないかと思うわけです。またその中の多くが自然には還らないプラスチック製だということ。

また缶やペットボトル、紙など【リサイクル】ができれば環境負荷がないように思われがちですが、リサイクルと言ってもリ・サイクル(再生利用・再資源化)するにはコスト(お金も資源も)かかるもの。なので極力リサイクルでなくリユースできる方がベター。

 

そんなことを思いながら普段からできる限りでゴミが出ない生活を心がけています。

たとえば、

 

・食料品はもちろんエコバッグですが、その他のお買い物でもできるだけもらわない

・コーヒー豆を買うときはキャニスター持参

・お魚は近所のお魚屋さんにタッパーを持参

・お醤油は一升瓶でお醤油屋さんで買って、空になった一升瓶を返す

・ごま油(米油)は油屋さんで持参したものに入れてもらう

・近くで買えるもののネット注文はしない⇒包装資材の減少

スーパーでは

・お野菜はそのままのもの(袋に入っていないもの)を選ぶ

・大容量のものを買う・小分けパックは買わない(海苔とか鰹節とか)⇒食材あたりの包装が減少

・ドレッシングなどは買わず作る

・チンするだけの冷凍食品やお惣菜もパッケージがあるので買わない

・プラパッケージと紙パッケージのものがあれば紙を選ぶ

 

 

もちろん、時と場合によりスーパーでお魚を買ったり、容器忘れて袋で、ということも多々あります。

持参した容器に入れてもらえるのも結局融通の効く個人店なので、ローカル店応援の気持ちもプラスしてできる限りこういうお店を利用するようにしています。

私にとって、特に頻繁に買う食料品ではパッケージが環境負荷のかからないというのも大きなポイント。

 

それでもゴミの日には当たり前のようにゴミが出る。気をつけていなかったらどんだけ出るだろという感じです。

 

 

と・・・

長くなりそうなので今日はここまでに。

 

 

仕事もしています、お店も営業中ですので是非。

Posted by 古着と日用品 tetra(テトラ)
自然のこととエシカルな暮らし / 16:15 / comments(0) / -
独り言つらつらと。
 
私が古着を好きな理由は沢山あります。古着の良さは数知れず、一点もの、流行に乗らない、今には無いデザイン、優れた耐久性、経年変化による新たなデザイン、自由さ、そしてエコであるということ。
最後のエコと云うのは他の古着店を営む方々とは違う視点かもしれません。昔の服のデザインが好きで、結果古着だったという"ヴィンテージ好き"では無いからです。単純にエコである古着というものが好きなのです。

安価なファストファッションが流行する背景を考えたことはありますか?ダウンやレザーはかつては高級品だったはず。それがどんどん価格が落ちて手が届く様になりました。天然素材であるはずの綿。綿100%のシャツが980円で売られる時代、天然素材の原価がそんなに安い?
私は大型衣料品店の低価格は企業努力だとは思っていません。下請けの下請けとか、必ずどこかにその皺寄せが行っていると考えます。
例えば発展途上国に工場を持ち、安価な人件費と過酷な労働条件での製造。例えばコットンが沢山収穫できるように遺伝子組換え操作、遺伝子組み換えについては栽培農家や近隣への副作用がもろに出ていると言います。例えばレザーの靴や鞄のためだけに動物たちが飼育されてはいないだろうか。皮も羽毛も動物の命をいただいた後の副産物であるべきで、それゆえ高級なものは高級であるべきだと思っています。
自然界に逆らうような流れは世界の中の一片かもしれませんし、それどころの話では無いのかもしれませんが存在はしています。


服や鞄、更には身の回りのものを買うときにルートを一つ一つ調べるのは無理なこと。だからこそ、ただ安いから買っておこうという感覚で消費をするのはあまりに愛がない行為だと思うのです。
私は昔の人の生き方を尊敬しています。無駄がなく、ものを大切にする姿勢。遥か昔は自然界の流れと人間の消費もリンクしていたはず。食として命をいただいた動物の皮をかばんに利用して、羽根は防寒に良いからジャケットにして、、、と。今より人間も自然界の一部として生きていられたような気がするのです。

もちろん私だって安く買えることは嬉しいし、必要に迫られて安価なものを買う時も多々あります。完璧に地球にやさしくなれるのなんて程遠いのが現状です。
でも衣服のみならず、何も考えずにただ消費するのはやっぱりしたくない。目の前にあるものだけでなく、もっと広い視野を持って気にかけて生きたいと思うのです。

それでもやっぱり服は好きで、お洒落をするのは心が豊かになります。古着を選ぶ理由がここにあります。


*普段こういう思想めいたことはごく一部の場所でしか話さないのですが、最近たまたま話す機会があり『知らなかった』『考えてもみなかった』という声を聞いたのでイチ古着店店主の思うことをつらつらと。職業柄多分かなり視点が偏っているのも事実ですので悪しからず。長い文章をご覧頂きありがとうございます。ぺこり。

週末の皆さまのご来店お待ちしております。
Posted by 古着と日用品 tetra(テトラ)
自然のこととエシカルな暮らし / 23:28 / comments(2) / trackbacks(0)
No.18


大きな台風が去った滋賀では風は強いものの、青空が広がっています。長浜では風もそんなに強くなかった印象です。
各地で避難勧告が出ていたり被害が出ていたりとで台風18号は猛威をふるっています。これ以上被害が出ないことを祈ることくらいしかできません。

昨日はうちも台風に備え外に出している植木鉢やらを店内に仕舞って帰りました。中に入れれないものだけは極力固めて外に置いておきましたが過去10年のうち最強といわれる台風がまともに来てしまったら飛ばされてしまうんじゃないかと不安にもなりながら。
家でも雨戸を閉め、対策はするものの出窓が飛ばされたらどうしようとか思って、母親に話すと、出窓は雨戸がない分、より普通の窓のガラスより強いガラスでできてるやろうと全く適当に答えられました。
夜もあまり風の音なども気にならず、起きた時には青空でした。

この辺りは幸い避けて通って行きましたが、皆さんのところにも被害が出てないといのですが…。

あまりにも天気がひどかったら今日は店は閉めてしまおうかとも思ったりしましたが、幸い晴れということで今日もばっちり営業中です。
台風の影響で仕事がお休みになったという友人が素敵なCDを持ってきてくれたので、そのCDを聴きながらまったりと店番しています。
お暇な方はぜひ遊びにいらしてください。

Posted by 古着と日用品 tetra(テトラ)
自然のこととエシカルな暮らし / 14:00 / comments(2) / trackbacks(0)
Mountain.

この夏2度目の伊吹山登山に行ってきました。
今回はご来光登山の計画があることを耳にして、私も混ぜてもらってきました。
アラサーの男子3人とアラサーの女子1人(私)の4人でのご来光ツアー。

夜中に集合して2時頃から登り始めます。一応ご来光を拝むのが目的でしたのでタイムリミットはその日の日の出時刻の5時25分。
もちろんゴンドラなどは動いていないので麓から4人列を成してテクテクと、真っ暗な中、各自持参したライトの明りだけで進みます。

私の感想としては夜は明るい時に比べてかなり登りにくいですが、眼下に見える夜景はとてもきれいで素晴らしいものでした。一方で湖北地方の夜は電気が煌々と点き、こんなに明るいのかとびっくりもしました。
そんなこんなで空も徐々に明るくなり日の出時刻までに4人揃って登頂達成できました。

天気は曇りで太陽は雲の隙間からしか見えませんでしたが夜のブルーにオレンジが雲を照らし、なんとも幻想的な日の出を拝むことができました。

登山中は汗だくでしたが、山頂は低い気温ときつい風、おまけに汗で湿った衣類で真冬のように寒かったです。
そんな中、山頂でコーヒー豆を挽いて、お湯を沸かして、あたたかいコーヒーを作ってもらっていただきました。かなり理想的なアウトドアライフです!1300m級の高さの上でのコーヒーはすごい贅沢でめちゃくちゃおいしかったです。


気軽にご来光を拝みたい方は有料の伊吹山ドライブウェイでかなりの高さまで行って2〜30分で山頂というコースも有りです。その日私たち以外にもご来光を見に来られていた方が数組いらっしゃいましたが、皆さんドライブウェイからでした。
お手軽なのもいいですが3時間半かけて登る山頂もなかなかの充実感でおすすめです。
Posted by 古着と日用品 tetra(テトラ)
自然のこととエシカルな暮らし / 11:53 / comments(0) / trackbacks(0)
Flower in the sky.

8月5日、今日は長浜の花火大会。無事梅雨も明けて幸い空の心配はなさそうです。長浜の花火大会は毎年8月5日と決まっていて、週末だったり平日だったりその年によって違います。学生さんは夏休み中ですが、社会人さんは平日ですとお仕事で行かれないという方もいらっしゃるでしょうね。近くからでも遠くからでも夏の思い出の一つとしてたくさんの方が楽しめるといいですね。

わたしはというと毎年恒例となりつつある店の前からの花火観賞を今年も予定しています。せっかくなので夕方からは浴衣も着ることとします。
古着屋に浴衣で違和感ありまくりですが、夏の風物詩としても一年に一度のお楽しみです。

ちなみに画像は去年の花火の写真です。花火の中に一輪の花が咲いていました。

今日ものんびりと営業しておりますので花火のついでにでもぜひお立ち寄りください。
Posted by 古着と日用品 tetra(テトラ)
自然のこととエシカルな暮らし / 14:50 / comments(0) / trackbacks(0)
Sky.

夜とともに迫ってくるような厚い雨雲。
まだ梅雨は明けてくれそうも無く、どんよりと湿気った空気が漂います。
涼しくて過ごしやすいという事もあるけど、やっぱり夏は夏らしく、暑い暑いと言いながら汗を流すのがいい。

近頃ニュースで目にする竜巻や豪雨の爪痕、自然界の力の大きさに圧倒されます。こんなに科学が発達して便利になった21世紀でも自然の前では人は全く歯が立ちません。強くて恐ろしい一面です。
これ以上災害が続かないといいんですがね。こればっかりは神頼みするほかないですね。


でも“どんより”は空だけにして気分は上げていきましょう!明日は花金ですから♪それにセールもしてますから!
Posted by 古着と日用品 tetra(テトラ)
自然のこととエシカルな暮らし / 19:19 / comments(0) / trackbacks(0)
Thunder.

オープンして以来初めて停電が起こりました。急にオーディオが止まり、照明が消え、そのあとゴロゴロと空の音。思わず外に出てみると同じビルの店主さんも出てこられて「停電ですね。」と、ビル全体で起こっていることを確認。ものの一、二分で復旧し一安心。
落雷も大雨も例年に比べ多く、より一層の注意が必要です。

雨の降る日がこう多いと何かと困りものですね。何をするにもどこへ行くにも億劫になりがち。

そんなときもちょっとだけスペシャルな日にするべくひと工夫。
たとえば、雨の日は雨粒をイメージして水玉模様を着てみる。こんな風に考えるだけで憂鬱な雨の日が、水玉の雨の日になってわくわく出来る気がしませんか?雨も毎日を楽しむ為のスパイスになります。

雨の日ドレスもセールでお求めやすくなっております。
グリーンドットドレス(画像)5900円
もっと本格派な方にはアフロヘアにトラ柄パンツで決めてみてはいかがでしょう。赤、黒、緑、3人揃うのがベストです。
Posted by 古着と日用品 tetra(テトラ)
自然のこととエシカルな暮らし / 13:50 / comments(0) / trackbacks(0)
Night light.

夜、外に出るのが気持ちいい季節です。
毎年出かけるホタルまつりに今年はいつの間にか過ぎてしまって行けず、少々残念に思っていました。
そんな中知人から教えてもらった情報、米原市の旧伊吹町では未だにホタルが見れると。半信半疑でしたが行ってみるとほんとにまだ見れました。
長浜より標高も少しだけ高いからでしょうか、夜はヒヤッとした冷たい風。聞こえるのは川の流れの音だけで暗闇にフワフワとあちらこちらで光が揺れます。

そして天を見上げれば無数の星がきらめきます。長浜でもある程度の星が見えますが、比べものにならないくらいの星の数。プラネタリウムかと思うくらいです。プラネタリウムには行った事がないけど…。
ホタルも星空も自然にある光はとてもキレイです。


夜だけでなく昼間も星空を観ていたい方には画像のTシャツがおすすめです。上がバック、下がフロントのプリントです。魔法使いでしょうか…。


『 ガールズ・ウィーク☆ 』只今、開催中!
ワンピース・スカート類全品を表示価格より1000円引き

期間は明日6月30日(火)までです。どうぞこの機会をお見逃しなく!
Posted by 古着と日用品 tetra(テトラ)
自然のこととエシカルな暮らし / 14:12 / comments(0) / trackbacks(0)
Flower.

梅雨時期にも関わらずいいお天気続きで、車に乗っていたらきれいな花が咲いていて、久しぶりに写真が撮りたいと思いました。ものすごく可憐で華やかで繊細そうでありながらしっかりとした存在感で…思わずパチリ。

ここのところ取り立てて風景を写真に収めたいというのがなかったので、一度撮るといつもと同じ景色がいちいち気になって衝動的にカメラを構えたくなってしまいます。と言ってもコンパクトカメラなんですけど。

夏はカメラ持って、ダメージデニムとTシャツとコンバースにリュック背負って、自転車乗りながら散歩でもしたいなと思います。

ロングのワンピースにストローハットとかでもいいし、タンクトップと花柄のスカートにサンダルとかでもいいですね。
夏の青空にはどんなお洋服でも似合います☆
Posted by 古着と日用品 tetra(テトラ)
自然のこととエシカルな暮らし / 13:24 / comments(0) / trackbacks(0)
Trekking.

つい先日今年初の伊吹山に行ってきました。密かな楽しみの伊吹山登山。
今回はトレッキングポールを購入し、友達にフットカバーまで借りて割と本格的。その日はお店も営業日で早く帰ってこないといけないという状況だった為陽が昇るまでに出発。2合目から登って2時間、この日の一番乗りで無事頂上まで到達できました。
天気は曇り、青空こそ見えなかったものの視界は良く、頂上からは琵琶湖はもちろんのこと、うっすら湖西の方まで望め、とっても清々しい時間でした。

頂上では後から登ってこられたシニアの登山家さんと知り合い、いろいろ山のお話をしながら一緒に朝ごはんをとりました。普段の生活ではなかなか無い素敵な出会いでした。
この方は全国の日本百名山に登られているようで、私なんかとは比べ物にならないくらいベテランさんです。私はもっぱら伊吹山専門(と言えるほどでもないですが…)なので他の山と比べようが無いのですが、その方がおっしゃるには伊吹山は緑も多いし高山植物もきれいで登山するのにとても良いらしいです。また登りに来たいとおっしゃられていました。そう言ってもらえるとこの地域に住む者として嬉しいですね。
梅雨が明けたらもう一度くらいは今シーズン登れたらいいなと思います。

近頃前よりもちょこちょこ登山の話題を耳にする気がします。自分がしてるというのもあるかもですが、皆さん結構山好きなようです。
鉄子(鉄道好きの女子)や仏像ガール(仏像好きの女子)、歴女(歴史好きの女子)の次は登山女子なんてものが流行ったりして。

ちなみに前回DIARYの写真も伊吹山の植物でした。おそらくタムラソウというお花だそう…。
Posted by 古着と日用品 tetra(テトラ)
自然のこととエシカルな暮らし / 13:56 / comments(5) / trackbacks(0)