Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Selected Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

『tetra』 STAFF DIARY

滋賀県長浜市にある古着屋『tetra』です。
<< tetraの朝活第二弾ーYOGA&BRUNCH | main | サロンのお知らせなど >>
愛着古着
 
tetraでは店頭の商品のリメイク、リペアを可能な限り承ります。
最近では、サイズの大きいキャップの後ろ部分にゴムを入れたり、ワンピースのウエストベルトを短くしたり、スカート丈を詰めたり、オーバーオールの後ろゴムを付け替えたりと、お客様と相談してリペア・リメイクさせていただきました。今回はワンピースを小柄なお客様に合わせ肩にギャザーを作って詰め、丈もミニに調整します。


古着は正規品のようにS/M/Lのサイズ展開があったり、シルエットが美しくなるように形作られていません。というかその時代時代に応じたファッションの美的感覚が存在するので何でもかんでも今の私たちにピッタリバッチリと言うわけにはいきません。
先日とあるお洋服屋さんが仰ってたんですが『古着は不完全であり、そこが魅力だ』と。ものすごく頷けました。そのことをまたtetraでお客様と話していて『古着は不完全で、それを自分なりの着こなしで身に付けることで完成する』とお客様。本当にその通りだと思います。

そんな古着は"自分のものにする"ということが普通の既製服よりももっともっと自分自身に近いものになるような気がします。私自身、自分の服は少々傷んだとしても直してまで着たいと思う服ばかりです。同じものがないからというのはもちろんですが、そこに不完全な古着が私のものになったという愛着があるから。たかが服、されど服なのです。(おっと、熱くなっちまった。笑)

そんなわけで、気に入ったものなら自分色に染めてあげるという過程でちょっとリペアやリメイクしてアレンジをするというのもその服にひとつ重ねる愛情のようにも感じます。大きなリメイクはできませんが、基本的には簡単なお直しでしたら無料で承っておりますので、店頭にてお気軽にご相談ください。
Posted by ★tetra
お店のいろいろ / 19:47 / comments(0) / trackbacks(0)
COMMENT









Trackback URL
http://blog.tetra-furugi.jp/trackback/935678
TRACKBACK